セミナー・養成講座

  • リハビリ機能回復士
  • 誤嚥防止指導員

拘縮やリハビリでどうすればいいのか迷ったことはありませんか?

介護保険で行う在宅リハビリテーションには、頻度的に限界があり、どうしても急性期病院やリハビリ病院で行うリハビリテーションほど十分なリハビリを受けられないのが現状です。

そこで、当協会では、按摩マッサージ指圧師に理学療法の知識・技術を落とし込み、医師・理学療法士の指示のもと、理学療法士の行うアプローチに準ずる(医療保険で行う)在宅マッサージを実践しています。

リハビリ機能回復士とは?

当協会では、リハビリ機能回復士の認定を行っております。
リハビリ機能回復士とは、理学療法的な技術を習得し、リハビリを必要とする方に対し、「マッサージ・リハビリテーション」を提供できるあん摩マッサージ師を指します。
認定資格には、当協会が規定する講習受講、及び試験合格が必須となります。リハビリ技能認定講座のマスターコースを終了し、リハビリ機能回復士認定試験に合格することで、「リハビリ機能回復士」と認定されます。

リハビリ機能回復士は、当協会が行う講座の講師や当協会が行っている介護施設へのマッサージ・リハビリテーション業務を行うことができます。

研究に基づいた確かな技術

当協会は、順天堂大学医学部公衆衛生学講座内でマッサ-ジ・リハビリテ-ションの研究を行なっております。

リハビリ機能回復士取得の流れ:リハビリ技能認定講座

リハビリ技能回復士認定講座は、2級、1級、マスターコースの3部構成となっています。リハビリ機能回復士認定講座を全て修了することでリハビリ機能回復士資格が認定されます。

リハビリ技能回復士認定講座は、2級、1級、マスターコースの3 段階となっており、あん摩マッサージ指圧師・鍼灸師・柔道整復師、等の国家資格保持者は1級講座より受講することが出来ます。但しリハビリ機能回復士資格の認定には2級講座(通信制)を修了する必要がありますので、並行して若しくはマスターコース終了後、2級講座を修了して頂く必要があります。

2級 1級 リハビリ機能回復士認定講座
通信制 12時間 / 2日 12時間 / 2日
  • テキスト自習⇒設問に解答⇒解答送付(協会宛て)⇒80%正答で合格
  • 機能回復とリハビリテーション
  • 機能回復学総論
  • 障害の評価方法
  • 運動学Ⅰ
  • 基本的なリスクに対する考え方
  • ボディメカニクスの基礎、等
  • 最後に実技検定があり、それに合格することで1級講座修了証が授与されます。
  • 運動学Ⅱ
  • 関節可動域障害
  • 関節可動域運動
  • 筋力低下に対する理学療法
  • 筋収縮、麻痺、協調性・バランス、痛み
  • 機能的動作の獲得に向けた理学療法
  • 日常生活活動とトレーニング、等
  • 最後に実技検定があり、それに合格することでリハビリ機能回復士資格が認定されます。
  • 運動学Ⅲ
  • 徒手療法
  • 各疾患別リハビリテーションの進め方
  • 神経生理学的アプローチ、等
21,600円(税込) 75,600円(税込) 108,000円(税込)

*1級講座・マスター講座の実技検定は、「手順・説明声掛け・技術・禁忌動作、 保持動作の理解」等を判断して行われます。

2014年5月より毎月1回以上のペースで認定講座を開催しています。

スケジュール

通信制 随時受付中

現在予定作成中:近日案内  

リハビリ機能回復士認定講座

現在予定作成中:近日案内

お申し込み・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

お申し込み・お問い合わせ先
  • お電話でのお問い合わせ TEL:03-5567-3310
  • お問い合わせフォームはこちら
  • 誤嚥防止指導員
  • リハビリ機能回復士
  • スキルアップを目指す方へ 実践型セミナー開催中 リハビリテーションを学ぶ!
  • 介護スタッフへ朗報 実践型セミナー開催 誤嚥防止を学ぶ!
  • マッサージリハビリテーションの導入をご検討されている高齢者向け施設様へ
  • 理学療法的に検証された マッサージ・リハビリテーション
  • 誤嚥を防ぎ、要介護者を肺炎から守る口腔機能リハビリテーション 誤嚥防止メソッドとは・・・

提携医療機関・介護施設

  • マッサージリハビリテーションの導入をご検討されている高齢者向け施設様へ
  • ウエルシア介護サービス株式会社
Copyright Japan Association of Visiting Massage & Rehabilitation All Right Reserved.